クレープリー カフェ・ロスアード

期間限定でガレット&クレープのカフェイベントを行っている Cafe ROSSARD(カフェ ロスアード)です。

カテゴリ:スタッフ日記 > ブルターニュ

ポン=タヴァンの村に行ってきました。

カンペール駅の隣の建物がバスのチケット売り場になっているので、まずは切符を買います。

片道2ユーロくらいでした。


乗り場は7番で、降車駅はPONT=AVEN,Villeです。

【注意】
私の乗ったバスはVilleで停まりませんでした(T_T)
なので、2つ先のPONT=AVEN,Keroseで降りて山を下りました。
20分程度歩けば行けますが、人の気配が無いので気をつけてください。
もし停まらなかったら、次のPONT=AVEN,Gareで必ず降りましょう。







でも山を下りる途中に、こんな可愛らしい看板が見られたので結果オーライ(^o^)


ポン=タヴァンは、その名のとおり、ポール・ゴーギャンやベルナールなどのポン=タヴァン派で有名な村。
数々の画家がこの村で絵を描いたそうです。

余談ですが、私は絵画には詳しくなく、「ゴーギャンがゴッホのシェア仲間」くらいの知識しかありません(笑)





地図も手描き。
有名な画家が描いたのかな?






村の中心部を流れるアヴェン川。


カンペールのオデ川然り、この辺の川はお花だらけなのです(゚▽゚*)


手前の石造りの建物は、まさかのトイレなんですよ(笑)



そこかしこに綺麗な風景があるので、画家さんたちが住みたくなる理由がわかります。
ちなみに、この通りの建物は全てギャラリーです。

というか、ギャラリーだらけの村です。








アヴェン川をどんどん進んでいくと…


船とか!!


可愛い建物とか!!










そして、来た道を戻ると…2羽の白鳥!!!




こんなに近くで白鳥を見たのは初めてで、感動してしまいました。


この村には美しいものしかないのかもしれません(*´ェ`*)






最後に取って付けたようにゴーギャン!


タイムリーなことに、今年は日本でも展示があるみたいです。

美しい風景を観賞しに行ってみてくださいね!




追伸:葛飾北斎もブルターニュで大人気♪


Quimperといえばカンペール焼き

食いしん坊な私は、◯◯焼きと聞いて思いつくのが「お好み焼き」とか「大判焼き」なんですが、食べ物ではありません(笑)

陶器です(^o^)

この素朴で可愛らしいデザイン、見たことありませんか?


実はこの作品、ひとつひとつ手描きで絵付けされているんです。

カンペールには工房があって、見学もできます!

まとめサイトもありました。

日本でブレイクしそうな予感!

私は独特なお花のタッチと、鳥のデザインが好き(^_^)


街にもカンペール焼きのお店がたくさんあります。








こちらは動物シリーズ。


猫や馬のカンペール焼です。

すてき!







高速鉄道TGVに乗って、カンペール(Quimper)という町にやってきました。

ブルターニュの西北端に位置するフィニステール県。

のんびりした田舎町ですが、実はフィニステールの中心都市です。


駅構内のタイルアート。

ブルターニュの民族衣装です。

緻密なデザインも、色使いも可愛くて大好きです

女の人がかぶっている白い帽子はコアフといいます。

レースでできていて、ハット型のものや、コック帽のように縦長のものもあるんです(^-^)/

この絵では少しわかりづらいですが、ブルトン人の靴は木靴(サボ)だったそうです。

きっとタップダンスみたいに足を鳴らして踊っていたのでしょうね。

カンペールには昔の歴史がたくさん残っています。

今回の旅はブルターニュの文化にたくさん触れてきたいと思います!







カフェロスアードの入口で、のれんのように揺れているこの旗。

Gwen ha Du といいます。

読み方はそのまま グウェン ハ デュ。

ブルトン語(ブルターニュ語。元はケルト系の言葉)で「白と黒」って意味です。

見たまんまですね(^o^)

柄はアメリカの国旗に似てる。

左上のてるてる坊主のような柄は、エルミン(アーミン)といって、白いイタチの尻尾の先にある黒い模様を簡略化したものです。

エルミン柄や白イタチはブルターニュのシンボルで、街中の至るところに描かれています!







黒と白のストライプは司教区を表現しているそうです。

黒は東のオート・ブルターニュで、ドル、ナント、レンヌ、サン・ブリュ、サンマロの5つ。

現在のナントはロワール地方ですが「ブルターニュ大公城」があるので、ナントもブルターニュ!と主張する人もたくさんいます。


白は西のバス・ブルターニュ。
コルヌアイユ、レオン、トレゴール、ヴァンヌの4つの司教区です。

この辺りは今でもケルトの息吹を感じることができますよ!



ブルターニュ旗はシンプルなモノクロだけど、スタイリッシュなデザイン♪

モンサンミッシェルのお土産売り場にあるブルターニュ・ステッカーも大人気です(。´・∀・)


モンサンミッシェルはお隣のノルマンディー地方ですが、ブルターニュ地方のガイドブックにも掲載されています。

そういえば、ブルターニュには「モンサンミッシェル泥棒」なんて言葉があると、ガイドさんが言ってたっけ(笑)






フランスの北西部。

地図で言うと左上にあたる、突き出たところです。

私にはこの地図が「リーゼントをしたサンタクロース」に見えます。

・・・見えてきませんか?(笑)





この地方には元々「ブルターニュ公国」という国がありました。

今も当時のブルターニュ公国の国旗が掲げられています。
ここではフランス国旗(トリコロール)を見つける方が難しいかもしれません。

当時と変わらない美しい海と、豊かな自然、そして誇り高き「ブルトン人」が暮らしています。


明日はブルターニュの国旗を紹介しますね!





もちろんロスアードの入口にも・・・♪





↑このページのトップヘ