クレープリー カフェ・ロスアード

期間限定でガレット&クレープのカフェイベントを行っている Cafe ROSSARD(カフェ ロスアード)です。

カテゴリ: スタッフ日記


クレープ・ビュッフェ、お越し頂き誠にありがとうございました。

クレープのバイキングは、周りにも、あまり参考になるようなものがありませんでしたし、また初めての開催で、心配もありましたが、たくさんご好評頂き、とても嬉しかったです。

次回は8/29(火)14:00〜17:00に開催致します。

既にご予約もいただいております。
お席は先着順になりますので、ご希望の方は、事前にご連絡頂けると嬉しいです。






先日の具材は、こんな感じでした!




王道のバナナ








ツナ、ゆでたまご、ロースハム、ポテトなどのサラダクレープも人気!









フルーツに、ガトーショコラ、砕いたパイなど








ソースも、これからたくさん増やしたいですね









カソナード(フランスの赤砂糖)と、シナモンを振るだけで、一気に大人のクレープになります








もちろん、生クリームも乗せ放題!!


楽しかったです!!

具材のリクエストなどございましたら、ぜひ教えてくださいね。

次回が待ちきれないくらい、楽しみです










crêperie Café ROSSARD

(クレープリー カフェ・ロスアード)

東京都稲城市百村525 フロムS 1F

042-379-9674


稲城のガレット&クレープレストラン♪


公式Instagram









今日6/21は、フランスのFête de la Musique(音楽の日)なんです

国を挙げての、大きな音楽祭。
芸術の国らしい行事ですね!

劇場やカフェ、レストランなど、様々なところでコンサートが行われています。

来年は、ロスアード音楽祭をやりたいです!!!

カフェ・ロスアードでは、ブルターニュ民謡(ブルトン・ミュージック)がBGMです。

ケルト音楽から派生した音楽なので、アイリッシュに、とてもよく似た旋律をしています。

皆さんは、どんな音楽が好きですか?

よかったら教えてください。



カウンター、もうすぐ完成です。

内装は…

「中世の騎士団が作戦会議をするような部屋」をイメージしています(笑)

コンセプトカフェというわけではないのですが、現代で戦う騎士たちが集う場になればいいなという、願いを込めました。

ブルターニュ地方が、まだブルターニュ公国だった頃のモットーは"Potius mori quam foedari"(不名誉よりも死を)という勇ましすぎるものでした。

もちろん無理をしすぎるのは、いけないけれど、自分の人生にプライドを持って生きている人たちが集まったり、強い気持ちを取り戻せるような、憩いの場になればいいなって思います。

女性騎士団のご帰還も、お待ちしておりまーす♪( ´▽`)





↑このページのトップヘ